吸汗タイプのインナーキャップは、ヘルメットを衛生的に保ち、寒さ対策にもなるのでおすすめです。

役立つ小物

二輪車(普通・大型二輪)は、高速道路も走れて自動車よりも税金や維持費が安いことで便利な乗り物である反面、車のように居住スペースや収納スペースが確保されているワケでもありません。

 

また高速スピードで走行すれば、自動車のように外界とシャットアウトされた空間にいることが出来ずにまともに雨風にさらされることになります。しっかりと防寒して装備を固めないと安全に運転できないのも二輪車です。

 

ここでは二輪車に乗るときに備えておくと便利なアイテムをご紹介します。

 

ツーリングネット

二輪車と自動車の大きな違いは積載量です。
バイクは積載スペースが限られており、荷物が多くなると輸送が困難になるという弱点があります。
その中でバイクにツーリングネットを括りつけて運ぶことができます。
網状のタイプのものや防水性能の高い生地で作られたものもあるのでおすすめです。

 

 

吸汗インナーキャップ

バイクと自動車のもう一つの決定的な違いとしては、ヘルメットをしなければならないということです。
ライダーというのは、運転中は常にヘルメットをしているので、長距離・長時間の移動になればたくさん汗をかき、ヘルメットの中の臭いも気になります。
そこで便利なのが吸汗タイプのインナーキャップです。
これはヘルメットを衛生的に保てるのと同時に寒さ対策にもなるのでおすすめです。

 

 

スマートフォンフォルダー

バイク乗りは自動車運転車よりも携帯やスマホの呼び鈴に対して認知できにくいという特徴があります。
そこでバイクに乗りながらスマートフォン画面が覚知できるというスマートフォンフォルダーも人気です。

 

 

ハンドルウォーマー

バイク乗りにとって冬場の手の寒さといったら我慢できないものがあります。
ハンドルウォーマーは見てくれが少し悪くなりますが、長時間のツーリングもできるアイテムで快適です。

 

 

最近では女性でも二輪車に乗る人も増えており、このようなアクセサリを使う人も増えているようです。
女性におススメの二輪車は?