車載用ETCと比べても価格と取付料金がやや割高ですが、バイクにこそETCの取付が急務です。

二輪車のETC事情

二輪車にETCは取りつけれらるのでしょうか?

 

一般的にあまり認知が普及していない事実ですが、普通自動二輪車以上の二輪車は高速道路を走行できるため有料の高速道路を走行するためには、料金所を通過する必要があります。

 

ETCシステム

 

自動車の場合は、高速道路を通行することを想定して電子料金収受システムであるETCシステムを設置している車もかなり多く見られるようになりました。

 

ETCを装着すれば料金所でお金のやり取りをする必要がなく、ゲートを通過するだけで済むのでバイクに装着したいというユーザーが多いです。

 

自動車の場合は、料金所でお金を出しておつりを受け取る行為が少々面倒ではありますが、バイク乗りが同じことをする場合とでは対した問題ではありません。

 

バイクの場合は、わざわざ停車してポケットから財布を出したり、最悪の場合は、鍵を開けて収納スペースから取り出す必要があるかもしれません。
これは非常に時間がかかり、後続車に迷惑をかける可能性が高い上に、強風によりお金が飛散するなど危険なシチュエーションであるということができます。

 

雨が降っているときなどは自動車の場合は多少濡れてもそれほどダメージはありませんが、バイクの場合は、体全体が雨風にさらされて、お金も濡れて精神的にも体力的にもとてつもないダメージを負う事になります。

 

したがってバイクにこそETCの取付が急務だということができるでしょう。

 

バイクにETCを取り付ける場合は、市販の二輪車用ETCシステムをバイクに搭載する必要があります。
二輪車用のETCシステムは車載用ETCシステムと違い、外気にさらされるので防塵性能や防水性能が必要とされます。

 

車載用ETCと比べてもやや割高な価格と取付料金がかかりますが、一度取り付けてしまえば高速割引も受けられ、料金所でのタイムロスも解消されるので二輪車にETCを装着することはおすすめです。