CB400 SUPER BOL D’ORは、走行性能や耐久性能、扱いやすさが抜群です。

 

普通自動二輪免許でも乗れるホンダのバイクを3種類、私の独断と偏見で選んでみました。

 

<ホンダの大型バイクについてはこちら。>

 

CB400 SUPER BOL D’OR

 

CB400 SUPER BOL D’OR

簡潔に言ってしまえばカウル付き教習車です。

 

しかし教習車に選ばれるというのは伊達ではなく、ホンダ独自のHyper-VTEC Revoによる走行性能や耐久性能、扱いやすさといったら抜群です。バイクの基本がすべて詰まっていて、なおかつ速いバイク。そこに大きなハーフカウルがついたことで長距離や高速での巡行に快適性がプラスされています。

 

車検を気にしないなら迷ったらまずこれ!とでも言いますか、そのぐらい誰にでもオススメできるバイクなのは間違いないです。

 

 

 

400X

 

BMWのR1200GS人気を皮切りに、最近どのバイクメーカーでもデュアルパーパスと呼ばれるこの手のバイクを出してきています。
オフ車とロードスポーツ車をたして2で割ったら出来上がったような、一見いびつな形に見えるかもしれません。

 

しかし、日常でもツーリングでも、私たちがバイクで走る路面は常に一定ではありません。
路面はドライだけでなくウェットの場合もあるでしょう。
はたまた大きな轍があったり段差が気になる場面もきっとあるでしょう。

400X

 

そんなときに心強いのがこのバイク。
この外観は、見たままオフ車とロードスポーツ車の性能を合わせ持っているのです。オフ車譲りの高いポジションとロードスポーツ車譲りの軽快なハンドリング、さらにはABSを標準装備し、突然の路面状況の変化にも車体のコントロール性を失わないようになっているのです。

 

普通自動二輪免許でこんな冒険バイクが乗れてしまうなんて、いい時代になったもんです。

 

 

 

VTR

 

VTR

ホンダのVTの系譜は1980年代まで遡ります。

 

維持費が安価で乗りやすく、非常に壊れにくいV型ツイン扱いやすく、壊れない。
そう言われるホンダのV型ツインエンジン。
もともとは250ccクラスで打倒2stを掲げて開発されたため、とても力強くて元気なエンジンです。

 

そしてそんなVツインエンジンを載せたVTRは、バイク便で事業用として使われることも多く、その信頼性は揺るぎないものがあります。

 

特にこれといった目立った機能や装備があるわけではありません。
しかし、走る・曲がる・停まる といった、基本的な動作がものすごくしっかりしていて、なおかつ安価で壊れにくいといったよさがあります。それから主観ですが、全体的な形状がDucatiのモンスターに似てたりするんですよね。

 

 

 

以上の3車種、勝手に私が選ばせていただきました。
ホンダはここに挙げた以外のバイクも含めて、安定して壊れにくい、完成度の高いバイクが多いですね。