小型二輪車は一般道は60kmで走れるけれど、高速道路は走れません。

小型二輪車について

バイクとひと口にいっても原付より上のクラスの二輪車にはさまざまな区分けがあります。

 

主に運転できる車種というものが免許によってわけられており、

  • 総排気量50㏄以下の原付
  • 400㏄以上の大型自動二輪免許
  • 125㏄以上400㏄以下の二輪車を運転できる普通自動二輪
  • 普通自動二輪と原付の間に50㏄以上90㏄以下の小型二輪車を運転できる小型限定普通二輪

というものがあります。

 

では小型二輪車は普通自動二輪車と原付と比べてなにが違うのかとこの小型二輪車の存在が便利である反面、注意しておかなければならないことがあります。

 

小型二輪車を一事で説明すると一般道は60kmで走れるけれど高速は走れないというものです。

 

小型二輪車はその名前のとおり、車体が小さく50㏄以上125㏄未満の低排気量のバイクであり、一般道でも普通自動二輪車や自動車と同じように60km/hで走行することができ、原付のように速度制限を受けることはありません。

 

ただし注意しなくてはいけないのは、普通自動二輪や大型自動二輪が高速道路を走行できるのに対して、小型二輪車は高速道路を走行することが許されていません。

 

したがって高速道路を頻繁に乗ることを想定しているユーザーは、小型自動二輪車を購入の選択肢に入れることができません。

 

一般道を乗ることに限定されていて、原付ではエンジンのパワーがものたりないと考えているユーザーにとってはとても便利な車種であるといえます。特に小型二輪車は原付2種ともいわれており、軽自動車税も安くなっています。

二輪車にかかる税金について

 

また小型限定普通二輪は、スクータータイプのオートマモデルなども多いため、AT限定免許を取得する割合が高く、バイクは乗りたいけれど複雑なギアチェンジは無理というユーザーの受け皿にもなっています。

 

また小型で購入費用も安いため二輪車の維持費や購入費用を低く抑えたいというユーザーにもおすすめな車種となっています。