二輪車は排気量によって、さまざまな種類があります。

 

ナンバープレート

 

一般的にバイクと呼ばれるものを見てみると、免許の種類によって乗れるものと乗れないものがあります。

そしてバイク自体も、排気量や登録種別によってナンバープレートが色分けされています。

具体的にどうなっているのかみてみましょう。

 

>>国産バイクの強みとは?<<

 

免許制度

 

バイク全体では、7つの免許があります。
どの免許でどれを運転することができるのか、説明文の下の番号を参照してください。

 

原付

(1)

排気量50cc以下のバイクに乗ることができます。
 (1)

AT小型限定普通自動二輪車



(2)

排気量125cc以下のAT車(主にスクーター)と原付バイク全般に乗ることができます。
 (1)(2)

小型限定普通自動二輪車

(3)

排気量125cc以下のバイクに乗ることができます。 
(1)(2)(3)



AT限定普通自動二輪車

(4)

排気量400cc以下のAT車(主にスクーター)と原付バイク全般に乗ることができます。 
(1)(2)(4)

普通自動二輪車

(5)

排気量400cc以下のバイクに乗ることができます。
 (1)~(5)

AT限定大型自動二輪車

(6)

排気量650cc以下のAT車(主にスクーター)と原付バイク全般に乗ることができます。 
(1)(2)(4)(6)



大型自動二輪車

(7)

すべてのバイクに乗ることができます。 
(1)~(7)



 

 

 

 

 

ナンバープレート・車検



 

バイクはその登録の仕方と登録する自治体によって、ナンバープレートの色が異なってきます。
今度はその種別について見ていきましょう。

 

125cc以下については、基本的にすべて市町村への登録になります。

高速道路は運転できません。

 

市町村への登録

白 色

原付

第一種原付(排気量が50cc以下の2輪車、3輪スクータなど)
総排気量が20cc以下の3輪以上の車(車室の有無を問わずない)
総排気量が20ccを超え50cc以下で、かつ左右のタイヤのトレッド幅が50cm以下の車室を備えない3輪以上の車(3輪スクータ)。自治体によりミニカーの場合もある。

黄 色

第二種原付

総排気量が50ccを超え、90cc以下の2輪車(普通二輪の小型限定、以前の小型二輪)
自治体により90ccを超え~125cc以下の2輪車および小型特殊自動車の場合もある。

桃 色

第二種原付

総排気量が90ccを超え、125cc以下の2輪車(普通二輪の小型限定、以前の小型二輪)
自治体により、第一種原付や小型特殊自動車の場合もある。

水 色

ミニカー

全長2.5m以下、全幅1.3m以下、全高2.0m以下、総排気量が20ccを超え50cc以下、または定格出力が0.25kWを超え0.6kW以下の車室を備えた3輪以上の普通自動車。
車室を備えない車は左右のタイヤのトレッド幅が50cmを超えるもの。

 


125cc超~250cc以下

(軽二輪)

基本的には運輸支局への届出が必要となりますが、業務を受託された軽自動車検査協会への届出でナンバープレートと【軽自動車届出済証】が交付されるようになっています。
車検がない【検査対象外軽自動車】として扱われますが、新車届出時のみ、重量税が必要になります。また、高速道路の運転ができます。ナンバープレートは全面が白地です。



400CC超

(小型二輪)


運輸支局への届出により検査を受け、ナンバーを指定されて【自動車検査証】が交付されます。
ナンバープレートは緑色の縁取がついた白地に緑文字で記載されていて、新車届出から3年目、以降は2年毎に車検を受ける必要があります。

 

 

 

 

バイクの種類



 

一言でバイクといっても、その種類によって得意分野がかわってきます。
主なものを紹介しましょう。

 

ネイキッド

もっともベーシックなバイクらしいバイクで、スポーツもできてツーリングも街乗りもこなせる万能バイクです。

スーパースポーツ(レプリカ)


GPマシン直系の市販車。各メーカーとも最高スペックのバイクを用意しています。

ツアラー


ツーリングに重点を置いたモデルで、スーパースポーツに匹敵するスペックのモデルもあります。




アメリカン(クルーザー)

カーブや起伏の少ない長距離の巡航に適した構造になったバイクで、日本では主にアメリカンと呼ばれます。





オフロード

ストロークの長いサスペンション、ブロックパターンのタイヤなど、ダートなどの悪路を走ることに特化した構造のバイクです。





デュアルパーパス

オフロードのようなロングストロークのサスペンション、高い車高などを備えながら、大径のタイヤや高速安定性を求めたステアリングなど、オンとオフの両方を兼ね備えたバイク。







スクーター


無段変速機によるオートマチックのものが多く、足をあげずとも揃えて乗るタイプのものが多いです。積載性に優れます。

 

細かく分類するとまだあるようで、異なる呼び方もあるようです。

大まかにこのあたりを理解しておけば問題はないかと思います。